源氏物語(千年の謎)

源氏物語(千年の謎)
を見てきました。



新宿のピカデリーはお気に入りの映画館です!
一人で見ている気分になれる映画館です。



洋画好きで普段は邦画はあまり見ないのですけれど、
源氏物語なので、その誕生の秘密をどう捉えて
いるのか興味を覚え、見てみようと思いました。



「物語の中の光源氏の世界」と「物語を書いた紫式部の世界」が
交錯する世界なのですね。
作家・高山由紀子の「源氏物語 悲しみの皇子」を映画化したものです。
生田斗真の美しさがなかなか素敵でした♪



絢爛豪華な平安王朝の時代。
才女との誉れ高い紫式部は、時の権力者、藤原道長の娘、彰子の
女房として宮中に仕えていました。
藤原道長は、娘・彰子に一条帝の心を向けさせるために、
紫式部に物語を書くよう命令します。
式部が綴る物語は見事、帝の心を掴みます。
彰子は帝の后となり男の子が生まれ、道長の野望は叶いました。





役目を終えた紫式部はなおも「源氏物語」を書き続けます。
女性として、道長に愛されたいという思いが式部の中に
あったのでしょう。でも、彼は彼女の才能が欲しかっただけでした。





帝の寵愛を受ける桐壺更衣は、嫉妬心に燃える帝の正妻
弘徽殿女御(室井滋)によって殺害されます。
帝と桐壺更衣(真木よう子)の間に生まれた光源氏(生田斗真)は、
桐壺にうり二つの義理の母、藤壺(真木よう子二役)
への想いを断ち切ることができず、苦しみます。



正妻葵の上(多部未華子)、年上の愛人六条御息所(田中麗奈)、
はかなげな夕顔(芦名星)と奔放に愛を求めます。



やがて、女の心に潜む嫉妬に追いつめられてゆく光源氏。
六条御息所は元東宮妃という立場にありながら、
年下の光源氏への愛にのめり込んでいきます。
妖怪の田中麗奈は閉口です。



夜の闇に藤壺の元へ。初めは強く拒否していた藤壺でしたが。
やがて光源氏の子供を授かり、それが後の帝となるわけですが、
そこまでは描いていません。
ここで藤壺の侍従に、ほんの少し佐久間良子が出てきます。

 

そんな物語をまったく新しい発想で映画化しています。
本作では源氏の物語に加え、書き手の紫式部をクローズアップ
しています。
どんな思いから数奇な恋愛小説をつづるに至ったのか。
「源氏物語」の誕生に隠されたその最大の謎を、
明らかにしていきます。
大胆な解釈で主人公光源氏と作者紫式部の恋を並行して描いた
ものです。





源氏物語の明石までの筋書きをなぞった作品ではありません。
物語は全部描かれているのではなく、
光源氏が須磨へ流されるところは描かれていません。



安倍 晴明が出てくる時点で
源氏物語では無くなりました。
源氏物語として期待してはいけません。



光源氏を巡る愛憎渦巻く物語の世界を交錯させながら
二つの愛の行方を同時進行で描いているところはユニークといえます。





それにしても、簡単に幾つもの愛をさまよう光源氏って、
本当の愛を知らないのではといつも思うんです。
雅な紫式部の文体に支えられて、日本史に残る世界最古の
恋愛小説といわれていますが、どうにもむなしさがのこります。



絢爛豪華な平安王朝の世界とか、艶やかな衣装には満足しました。







♪━…━…━…━…━…♪━…━…━…━…━♪

タグ

2012年1月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

夏川りみさんアルバム1月25日発売

夏川りみさんのアルバム

【BEST SONGS】が1月25日に

リリースされます。

「あすという日が」が含まれました。

VICL-63840/\3,000(税込)。

http://www.jvcmusic.co.jp/rimi/



♪━…━…━…━…━…♪━…━…━…━…━♪

タグ

2012年1月22日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:CD ニュース

夏川りみ版の吹奏楽楽譜1月20日発売

●夏川りみ版の吹奏楽楽譜

ウインズスコアから1月20日発売。



「あすという日が」吹奏楽版(ポップス版)が、
既に録音され音源も一般公開されています。

原曲に夏川版を加えた新鮮なタッチで編曲されています。

とても良い雰囲気で親しまれると思います。村松崇継編曲



http://brass.winds-score.com/?pid=38712427

タグ

1/17(火)NHK歌謡コンサート、紅白バージョン・「あすという日が」

●1/17(火)NHK歌謡コンサートで
紅白バージョンの再現です。
夏川りみ秋川雅史の歌唱による
「あすという日が」ぜひお聞き下さい♪♪
♪━…━…━…━…━…♪━…━…━…━…━♪

タグ

2012年1月15日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ 放送

このページの先頭へ