富士山氷穴へ行く心配

8月の頭に富士山の氷穴へいって、忍野村を回って来ようと
思っています。
そしたら昨日22日、ある人のメルマガで「22日全国の地震計が
一斉に振り切れた」
という記事を読んで調べてみました。

 

有珠山、岩手山、那須岳、浅間山、富士山、
伊豆大島、三宅島、阿蘇山、霧島山に設置されている
地震計が一斉に振り切れたというのです。

 

この地震計の変化が何を意味するのか調べても、
これだけでは何とも言えないそうですが、全国的に一斉に
振り切れているので、一か所で偶然何かが起きたとか、
計器の故障とかではなく日本の地底で何かが起きていると
考えたほうが自然だとのことです。

 

三宅島噴火の際には、約2週間前に地震計が大きく
揺れ動いていたそうです。

 

独立行政法人防災科学研究所のホームページには
http://vivaweb2.bosai.go.jp/viva/v_rsam.html
昨夜のデータは確かに前記9カ所とも、22日の数値は振幅が
振り切れて、もの凄い状態でした。

 

これは富士山の氷穴は止めた方がいいと判断せざるを
得ない状態でした。
何一つ富士山に地震が起きない証明にはなりませんから。

 

そして今日も調べているのですが、今日のデータでは
22日の分まで殆ど平常に戻っています。
なぜかデータが書き換えられているのかとさえ思えます。
だって過去のデータはデータとして残るものなんでしょう?

 

独立行政法人防災科学研究所と気象庁に電話してみました。
気象庁は「テレビで見たのですか?」「そういう情報は
キャッチしていません」
独立行政法人防災科学研究所は「機械の故障と思われます」
いずれも数人替わって、歯切れはあまりよくありません。

 

というわけですが何も起きないことを願いつつ、
予定通り行くことに決めました。

22日にプリントアウトしたもの



 

 

 

 

 

 

 

 

 

23日キャプチャしたもの。これは22日のデータが昨日のと違ってる

タグ

2012年7月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

いじめはやめよう・・のイベント















いよいよアジサイのイベントも終わります。とてもいいイベントでした。
若い頃、「弾むような」「あでやかな」「目も覚めるような」濃いブルーのアジサイを指して、
「君みたいな花だ」と何気なく言われたひと言から、
余計、大好きになった花ですが、新しい種類のアジサイの名も覚えました。
柏葉アジサイといいます。↓↓


















私もいま問題になっている「いじめ」について、みんなで考えようと
【いじめはやめよう。世界中のあなたとバラの花でつながろう!!山本瓔子詩のアトリエ】
http://www.facebook.com/events/359583467447994/
という企画を立ち上げました。

名もない野の花から女王のようなバラの花まで、世界中をあなたが花になって、
つながったら、いじめはなくなります。


ここではみんなが主人公です。

Facebookにご加入の方はぜひご参加下さい。花でしたらバラ、無かったら

どんな花の写真でも結構です。ご投稿くださいませね。


私は「あすという日が」という歌を作詩しました。
この歌は東日本大震災の時、心の歌として、多くの人の「​生きる」気持ちを支えて来ました。
しかしこの歌を作った​のは、平成18年(平成9年作)、
自殺防止の歌という願いを込めて、世​に発表したものだったのです。
以来、全国の中学校で、希望の歌としてうたわれて来まし​た。
ここで私が立ち上がる宿命を感じます。

どんなことがあってもいじめを減らさなくてはいけま​せん。
なくさなくてはいけません。
いじめは、どんなときも最も卑怯な、最も恥ずべき行為で​す。

 
みんなに声を掛け合うことで、取り残される人が出ないよ​うにしましょう。
そしてこの地球上を、きれいなバラの花で、いいえ、逞しく生きる雑草の、
名もない花も含めていっぱいにし​ましょう。
きれいなものを見て豊かな思いを抱かない人はありません。

虐めているあなた!花のようなあなたがそんなことをして、恥ずかしい事だと

思いませんか。

虐められているあなた!雑草のように、踏まれても元気よく伸びて花を咲かせましょう!



「心に花を咲かせようコンサート」主催キングレコード、全音楽譜株式会社
http://kokohana.jimdo.com/
が開かれます。

こちらも花つながりです。

































タグ

私の最近のお仕事です

















今年のNHK学校音楽コンクールで私の歌を歌って下さるという学校から
とっても嬉しい長いメールを戴きました。
お礼に私の組曲集を差し上げようと、思いまして、書棚を整理していたら、
ここ1~2年の間に出た、雑誌、曲集、CD、教科書、教材集が
全く整理されないで、あちこちに散らばっているのを発見しました。(ちょっとこのところ忙しすぎました)
















大至急まとめてみましたが、殆どは最近のものながら、幾つかは2年以上経っているもの、
またついこの間なのに、見つからずじまいのもの、と整理の行き届かなさが露呈されました。

なお作者に送ってこない所も何カ所もあります。
街で見かけて、これ知らなかった、と思うのもありますので、実際はまだまだありそうです。































































奈良光枝さんの古い歌の復刻版です。NHK紅白歌合戦に出た「バラ色の雲にのせて」

が入っています。



















自分の組曲集です新実徳英先生、松下耕先生、

大田桜子先生の曲です。

 

















松下耕先生の重版分です。

 












中学校の道徳の教科書です。

































ずっと前に出た教科書を群読にしたもの。















補助教材です。
















これも補助教材です。



















学習塾のドリルです。





















































































雑誌へ書いた文章です。財界という本まで。




































2回目の課題曲です。1回目のはずっと前にでています。

 

 












たまたまあったチラシ。地元のがない!

 














タグ

「心に花を咲かせよう」コンサートの指揮者山田和樹さん














「心に花を咲かせよう」プロジェクトが9月7日(金)19:15~のコンサートに向けて活発に動いています。

そこで特記したいのは、私の「あすという日が」と「心に花を咲かせよう」を指揮してくださる指揮者の素晴らしさについてです。
その方は山田和樹さん。2009年ブザンソン国際指揮者コンクールで優勝の若き獅子です。
小澤征爾さん以来50年振りの日本人だそうです。スイスロマンド管弦楽団首席客演、日本フィル正指揮者。
今年8月には小沢征爾さんの代役としてサイトウ・キネン・フェスティバル松本でオペラを指揮します。

私も2度ほどお目にかかったのですが、素晴らしい方です。技術、音楽への姿勢は勿論いわずもがなですが、それ以前の人間性の豊かさと立派さ、決して威張らない腰の低さ。直感的に私はこの方の偉大さを知った感じがしました。

合唱指導に於いては、自然に人々を引き込んでしまう強さを持っています。みんなの力を最大限に引き出す方法を、自ずから備えていらっしゃる。
普通の指揮者とひと味違うと感じます。演奏者が持っている最も良いところを、演奏者自身に気づかせてあげることが出来る方です。

私は彼の人柄を含めて心酔します。いつまでも見守っていきたいと、心底思います。まだ30代の初めの若さです。
今後どんなに大きくなって行くかと思うと、とても楽しみです。

その方が「心に花を咲かせよう」コンサートで指揮を振ってくださいます。
もうそれだけで、期待に胸が躍ります。ご縁が出来たことを、ただひたすら神に感謝するばかりです。

タグ

このページの先頭へ