歌詞の現代考















四歳から詩を書き続け、プロの世界とまみえて58年が経ちましたが
今もって日々、時代に即した新しさをどうやったら
盛り込むことが出来るか・・・言葉と格闘しています。


年齢に関係なくその折々に新人なのだと痛感します。
今はメッセージ性のある歌詞言葉が主流です。
往年は叙情あふれる叙景が、尊ばれていました。

感興の湧くまま自然を綴り詠嘆することは大事です。

しかし

心の奥底や、襞に宿った心情の吐露とか、追求とか・・・

両者の融合を図ることの難しさが課題です。

タグ

2013年1月30日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

先日映画「レ・ミゼラブル」を見てきました

先日映画「レ・ミゼラブル」を見てきました。
ミュージカルを映画化したものです。
舞台の脚本を書いた、キャメロン・マッキントッシュも出演しています。
『英国王のスピーチ』でオスカーを受賞したトム・フーパーが監督。
ジャン・バルジャンにはヒュー・ジャックマン。
彼を追う警官にオスカー俳優のラッセル・クロウが出演。



アン・ハサウェイ(ファンテーヌ役)が歌う「夢やぶれて」、
サマンサ・バークス(エボニーヌ役)が歌う「オン・マイ・オウン」、
そしてエディ・レッドメイン(マリウス役)らが歌う「民衆の歌」。
この映画には一度聴いたら忘れられない珠玉のミュージカルナンバーが
少なからずあります。
メインキャストたち全員による歌声が絶妙に重なり、
オーケストラのように響く、クライマックスの「民衆の歌」・・・凄いです。



今回は全員がライブで歌ったそうです。(吹き替えで無く)
特別なイヤホンを耳に入れて、そこから聞こえる音に合わせて歌う。
そのため、全ての感情を歌に盛り込むことが出来、あの迫力になったとか。



歌う群衆を演じている俳優全員がミュージカル俳優だそうです。
この映画には舞台版「レ・ミゼラブル」からもゲストがたくさん出演しています。

ヒュー・ジャックマンの言葉が心に刺さります。
『「レ・ミゼラブル」には、舞台版も含め特別な何かがある。
人の心を溶かし、人生を変えてしまうほどの力がある。
僕はこの作品でジャン・バルジャンを演じることで、忙しい人生の中で一度足を止め、人生で一番大切なものは何かと考えるチャンスをもらえた。』



さてさてさて
私は「レ・ミゼラブル」(ああ、無情)には特別な思い入れがあります。
幼い頃2度も3度も文学全集で読みました。高校の頃、部活の英語クラブで
(その頃、英語部と社会研究部と書道部長の掛け持ちでしたが)
英語劇「レ・ミゼラブル」を文化祭で上演し、出演しました。
英語の先生から「杉村春子みたいだったね」と言われた翌年、
演劇部からスカウトされて、「野菊の如き君なりき」(伊藤左千夫作「野菊の墓」)に客演出演しました。
その時の監督を務めた人は、現在「劇団昴」の理事長をしています。

先日の私の「心に花を咲かせよう」コンサートにも、駆けつけてくれました。

中谷昇の「劇団雲」と内田朝雄、岡田眞澄の「劇団欅」が前身で
併合・発展解消する形で、福田恆存、小池朝雄らが中心となり、「劇団昴」が結成されましたが、「劇団雲」の時から関わっているプロです。
北村総一朗、久米明が一緒です。

他にもその当時の俳優(???)仲間とは、2人、現在も交流があります。

昔昔の昔話でした。

タグ

2013年1月22日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

「小さな時間」CD録音しました。於:音楽之友社

















今日は「音楽の友ホール」でCD録音が行われました。
今度発売になる曲集のレコーディングです。
八木澤教司先生の曲で【小さな時間】を横田純子先生と
A.D.A混声合唱団の皆さんで素晴らしい音にして戴きました。



横田先生は、先日府中4中を率いて、
全日本合唱コンクール”全国大会”で
やはり私の「火焰太鼓」で金賞を勝ち取ってくださった
素晴らしい指導者です。



音楽之友社はこうして良い曲、良い合唱を世に送り出しています。
本当に尊い存在です。作家も命がけで歌を作っています。



吹込の現場も良い音作りのために、ディレクターともども必死です。
いつもその空気に触れさせていただいて、感極まるものが
あります。



日曜日なのに編集長自ら各方面のお世話や音頭をとる姿は、
見ていて、美しいなぁといつも思います。

ここで生まれた歌たちよ!! 大きく羽ばたいて飛べ!!!



♪━…━…━…━…━…♪━…━…━…━…━♪

タグ

2013年1月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

絵本童話「あの空をめざして」・・100冊サイン




絵本童話  あの空をめざして~白鳥の家族とみずうみ村~ に

サインをするため、18日、発行元の会社に行きました。



















100冊以上のサイン本は会社のプレミアムイベントで

使われるようです。
お買い求め下さる一人一人のお姿を、思い浮かべながら、
心を込めて、書かせて戴きました。

お手にとって下さる方々に、感謝しつつ・・・。



♪━…━…━…━…━…♪━…━…━…━…━♪

タグ

2013年1月19日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

ある同窓会の想い出の歌



 

 

 

 

 

 
30年ぶりに同窓会を開くという男性の話。

小学校の卒業のとき歌った私の作詩「出発するのです」の歌を
もう一度歌いたいとメールを下さいました。

 

誰か歌って下さらないかと公表しましたところ、
嬉しいことに、ソリスト1名、小学校1校、中学校1校、
が手を挙げて下さいました。

 

この歌は実に多くの人に、親しまれて来た曲です。
現在は国語の教科書や、補助教材、塾の問題集などに掲載され
みんなが「詩」だけで学んでいる作品なのです。
これも「あすという日が」のように卒業式には欠かせない詩で、
近年「呼びかけ」という形で卒業生全員が唱和しあって式典を盛り上げるなど、
とても多く使われています。
この歌を、30年前のように合唱したいということだったのです。

 

そして、お願いした期日までに間に合い、届けてくださった、
ソリストの方の歌、小学校の皆さんの歌、二枚のCDを
送ってあげました。本当に喜んでくださいました。

 

そして遂に、このお正月、感動の再会を果たし、合唱の実現となったそうです。
郷里の1日をレポートして下さったメールには、喜びが一杯に溢れていました。
更にCD再実現の為に尽力下さったソリストの方とピアニスト、並びに
小学校の指導者と児童の皆さんに、篤い篤い感謝を
述べられていたことが、とても嬉しいことでした。

 

集合写真も添えて下さいました。
お許し戴いたのでぼかしをいれて、掲載させて戴きます。

 

詩を書いていなかったら、30年前の忘れられない記憶をたぐった、
こういう喜びに遭遇することもありません。
これまた作家冥利に尽きることがらでした。
思いがけぬつながりと、協力して戴けた皆様に感謝いたします。

 

♪━…━…━…━…━…♪━…━…━…━…━♪

 

タグ

2013年1月11日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

幸せはどこから







みなさま、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
———————-
幸せはどこから
———————-       山本瓔子

幸せはどこからくるの
それはわたしのこころから

いろんな色があるように
いろんな人生がきっとある



安らぎはどこからくるの
それはあなたのこころから

あなたはあなたのままでいい
あなたの春に花は咲く



少しずつ ゆっくりと
いつでも輝いているだけで





♪━…━…━…━…━…♪━…━…━…━…━♪

タグ

2013年1月1日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:その他 ブログ

このページの先頭へ