岩手県宮古市での「心に花を咲かせよう」合唱










2013.9.21~22



東日本大震災の「復興の歌」として広く歌われた

【あすという日が】(山本瓔子作詩、八木澤教司作曲) に続いて、

震災後に復興を祈って書いた【心に花を咲かせよう】

(山本瓔子作詩、上田真樹作曲) の歌が、徐々に浸透しています。




被災された方たちは、今なお苦しい生活を強いられているのです。

『心に花を咲かせよう合唱団』は、昨年より岩手、宮城、福島の

中学校や仮設住宅を訪ね、そのような皆様と触れあうことを目的に

様々なコンサートや、ワークショップという実地の音楽授業を行い

向上に資する仕事をしてきました。

(そして私はそれとは別に、一人で被災地を巡る旅を続けてきたのですが・・・)




今回も音楽を通じ、多くの方と交歓することで、絆をより深め

さらに広げることを目的にコンサートが開かれました。














主催は「平成25年度文部科学省緊急カウンセリング等派遣事業」。

協力はキングレコード、全音楽譜出版社、TBS、

「心に花を咲かせよう」プロジェクト実行委員会です。


志をひとつに結成された『心に花を咲かせよう合唱団』は、

二つの合唱団で構成されています。

一つは、いま評判の合唱団でハルモニアアンサンブルという、

東京芸大生を中心にした人達の団体。  もう一つは

S.P.C合唱団という、この度の震災で何かできないかという思いから

国立音大生を中心に作られた合唱団です。

その二つが合わさって『心に花を咲かせよう合唱団』と

なりました。















初日は宮古一中、河南中、宮古高校との合同ワークショップからスタートしました。

6つのグループに別れ、各々、別々の教室で『心に花を咲かせよう合唱団』

のメンバーを中心に、ディスカッションあり、ゲームあり、

体を使っての技能あり、振りを楽しむエアー縄跳びありと、

多彩でバラエティーに溢れる研究が進められました。




これは見知らぬ者同士の垣根を取り除くのに役立ち、

親しみが湧くと、声も大きく出るという利点があります。

将来は音楽の先生を目指す人もいるであろう音大生が、

企画立案してリードをします。















その他に詩の言葉を学び、詩の情景について意見を交換しあい、

どのような気持ちで表現していったらいいかを検討し合います。



ワークショップ後の合唱は、声の質、響きなどが、驚異的な変化を見せました。

充実のひとときを終え、学校を後にして、仮設住宅を戸別訪問。

日没後になりましたが、明日のお知らせをしてまわりました。


「グリーンピア三陸みやこ」というリゾートホテルの、

テニスコートや駐車場を利用して仮設住宅が設置されています。

400棟、1,000人以上の入居者とのことでした。

ただ残念だったのは、コンサートの日は、

NHKの「あまちゃん」イベントがあり参加者が割れるということでした。





本番の日、待機していた私のところへ、

ビックリする訪問者があらわれました。

東京から早朝の新幹線で私を尋ねてきて下さったその方は、

元、局アナウンサーで、今、フリーのアナとして「ことばで奏でる音楽」の

活動をなさっている方でした。

「あすという日が」の群読の企画をきっかけとして、意気投合した

ばかりの方だったのです。



いよいよ本番の開始です。

宮古一中・河南中・宮古高・宮古木曜会合唱団の演奏と続きました。






































































昨日のワークショップの成果で、実に見事な演奏です。

みんなの心が一つになって、互いの敷居が取り除かれると、

こんなにも素敵な声になるのだと、溢れる涙を懸命にこらえる私でした。

素晴らしい集中力、しっかりとした本当にすてきな合唱なのです。

明るく一生懸命な生徒さんたちです!!!



あまりにも楽しくて、あっという間に終わってしまったコンサートでした。

『あすという日が』は一回。『心に花を咲かせよう』は二回聞かせて戴きました。











120名を超す大合唱には、本当に心が震えました。

全員がひとつにまとまり真剣に歌う学生たち・・・。

そしてこれまた見事な演奏を聴かせて下さった 地元木曜会の大人達・・・。

そして地域をあげての皆様のご協力。

学校の先生方とも、再会を喜び合い、素晴らしいチャンスをいただいて、

ひたすら感謝するばかりでした。



別れはいつも悲しいものです。

一つになったわれわれの後を追いかけて、ちぎれんばかりに手をふる子たちは、

涙すら浮かべていました。

やがてバスは薄闇の中へと消えて行きました。




感動が大きければ大きいほど、後から襲う寂しさは一入です。

あの子達の心と脳裏に焼き付いた、この日の思い出は、

終生忘れられないものとなるでしょう。



文部科学省の緊急カウンセリング派遣事業ということを、

私はその時になってハッと思い出しました。

そうだ、あの子達の笑顔と涙の為に、この仕事はずっと続けなくてはいけない、と。















盛岡までの帰り道。貸し切りバスのなかで、

またまたサプライズがありました。

私が合唱団の為に書いた詩【風のいろ】に上田さんが曲を付けて

当日、間に合わせてくれたのです。













【風のいろ】は被災地を思い、日本の原風景を思い、

万人の中に宿る心の迸り、ふるさとの懐かしさを、

書いたものです。



災害からスタートした合唱団の愛唱歌・団歌として、

愛して欲しい歌です。

突然の公表にはほんとに驚きました。

【風のいろ】の楽譜を、初見で合唱をしてくださったのは、

さすが我が『心に花を咲かせよう合唱団』です。





この歌もまたグッと胸に詰まる曲で、心にしみいるやさしい歌です。

これは一人でも口ずさめ、コーラスにもなるよう作曲された歌です。

私はそう願って詩をかきました。そして上田さんは、その気持ちに応えてくれました。




驚きと感動の二日間。

みんなやさしくて、みんな明るくて、生きているって、

なんて素晴らしいことなんだろうと、そして

互いを思いやり助け合いつつ生きるのは、一人一人のちょっとした

努力と心がけなのだと思いながら、今度の東北の旅は、

幕を下ろしたのでした。

(コンサートの模様は9月23日TBSのNスタで放映されました。)















♪♪**********♪♪********♪♪

タグ

【みんなの合唱名曲集】2曲目《小さな公園》ユーチューブ

YouTube Preview Image

http://youtu.be/N6KaixNGbQw

2曲目は【小さな公園】にしました。
この曲は二部合唱曲で小学生向きのものとして
大変愛されました。

大勢で歌う高度な合唱曲は全員の力で作りあげ
素晴らしいものですが、
ユニゾンで歌える部分が多くあることは、
とても嬉しいものです。ソロでも口ずさめますから。

特に小さいお子さん達にはユニゾンが命です。
それが心に沁みるメロディだったら、
歌う喜びが倍加します。

現場の先生やお子さん達を見ていて、いつも
そう感じます。
いつでも、どこでも、だれでも歌えるのはいいことですね。





テロップの作成はなかなか思うように
いかないから、超楽しいです。^^
どこを押したのか解らないまま、効果が
出たりして^^ゞ
ぜひお楽しみ下さい。

タグ

【みんなの合唱名曲集】《海の讃歌》ユーチューブ

YouTube Preview Image

http://youtu.be/nn7rO_Sg070

とても人気のあった私の作品の中で、易しく親しみやすいものだけを
今後少しずつ、ユーチューブにアップして参ります。

ある年代の方達には、とても懐かしい作品だと思います。
ぜひお楽しみ下さいませ。

歌に合わせて、テロップを入れるのは、はじめての作業
でしたので、難航しました^^。
原詩通りで、くり返し歌うところは、歌詞を入れてありません。

イラストは息子の嫁が描いてくれたものを使いました。

タグ

仲秋の名月(25・09・19)












2013年は9月19日が「中秋の名月」です。
中秋の名月は必ずしも満月になるとは限りません。
2011年、2012年に続いて、今年、中秋の名月が満月です。
今年を除くと、中秋の名月当日が満月というのは、
2021年まで見られません。

タグ

2013年9月11日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

震災復興「心に花を咲かせよう」/横断幕・のぼり・キーホルダー















































震災復興のために合唱団の皆さん一丸となって、

活動していらっしゃる姿をいつも拝見していて、

私も「心に花を咲かせよう」の作詩以外に

何かお手伝い出来ないかと考えていました。
そして前回「心に花を咲かせよう・キーホルダー」を作成しました。

今度は「心に花を咲かせよう/横断幕とのぼり」を作りました。

これで我が合唱団のシンボルが出来、みんなで演奏旅行に

行くときのお供が出来たと、自己満足しています。
9/21,22の「宮古 心の復興コンサート」で早速お披露目とのこと

楽しみです。

タグ

2013年9月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ 日記

心の復興コンサート【心に花を咲かせよう】開催

  


















2013年9月22日14:00から岩手県宮古市で「心の復興コンサート」
【心に花を咲かせよう】が開催されます。
曲目は「心に花を咲かせよう」山本瓔子作詩「あすという日が」山本瓔子作詩・その他です。
お近くの方は是非お越し下さい。
主催:「心に花を咲かせよう」プロジェクト実行委員会
協力:キングレコード/全音楽譜出版社/TBSホールディングス/ARTLINKUS

タグ

2013年9月6日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

雲のふるさと・若い鳥・荒野の歌・岬のうた














このアトリエを仕事場にして以来、ほったらかしてあった押し入れの中を整理した。
自分の作品で過去に掲載されていたものが曲集、雑誌、教科書、台本など出てくるわ出てくるわ・・・。
曲集だけでもざっとこの画面の5倍の量だ。
しかも全部「昭和」のものだけである。

何かしていると必ず視察に来る猫の
しっぽの左側にある2枚のCDは、
私の歌だけで構成された「山本瓔子ベストセレクション」。

画面右側、ひもで縛ってあるのは、
あまりにも雑誌が増えすぎたので(大きな書架2つ完全に占領していたので)
自分のページだけむしり取って
デジタル処理をしようとスタンバイ中のものである(これも他に約5倍はある。まだこれから綺麗に裁断する)。
それをスキャンして保存するのだが、1 曲が6ページから10ページもあるのだからそう簡単にはいかない。
外付けハードディスクやUSBに2~3カ所収めて、クラウドコンピューティングしておく。

これもデジタル処理して残しておかないと、印刷物はやがて古くなり散逸して消えてしまう。
作者にとって作品は宝である。いくら出版社といえども、きちんと整理は出来ていないだろう。
現に10数年もすれば廃版になる。「懐かしい日本の歌」として、あとあとまで残り続けるものもあるだろうが、生み出される数からいったら僅かでしかない。

作者からしてみれば、その時々、心血を注いでできた歌である。多くの子ども達を育んできた歌なのだ。
子供達にとっては、思い出がいっぱい詰まった涙が出るほど懐かしい歌である。

近頃HP上のコメント欄で質問をしてくる数のベストワンは、子供時代に歌った歌を探しているのだがという問い合わせである。

・会社へ勤めながら、教会でピアノを弾いている男性から、
ソリストの伴奏をするのだが、京嶋信作曲で私の歌の楽譜を3曲探している。
・同窓会で合唱したいのだが「出発するのです」の音源がない。
・ある社長が、学生時代「岬のうた」京嶋信曲をうたった。懐かしい。
・40代の女性が「荒野の歌」京嶋信曲を思い出の歌として探している。
・「若い鳥」京嶋信曲をまた歌いたい。
・ベトナム ホーチミン市に住み、音楽を正業にする日本人女性からは、
「雲のふるさと」京嶋信曲がどのページにも見当たらないと。そして専門的な意見を
縷々述べて名曲と認識している旨、歌というのはいかにシンプルで奇をてらわず、
相手に感動を伝えるか、なのである。「雲のふるさと」を大切にしてくださいませ、と熱く語る。

そのほかにも同様な意見は沢山寄せられている。

私が関わってきた作曲家で八洲秀章氏(さくら貝のうたの作曲者)と
京嶋信氏は確かに並外れた作曲家だった。不世出の作曲家だと思う。
(八洲氏と私のコンビ作品が紅白歌合戦で歌われた。)
柳沢浩氏も含めこの人達の曲を、私が残しておかないと、と今にして強く思う。
デジタル保存もそうであるが、
歌に育てられた子ども達の多くは、楽譜ではなく耳で覚えていてくれる。
ユーチューブでポツリ ポツリと発表していけたらいいなと思う。

タグ

このページの先頭へ