神戸日和


生田神社の御旅所が近所にある。神輿が巡幸する時、
休んだ所だ。その場で祭儀が行なわれるのが普通である。
道行く人が「こんなところに生田神社がある」と、呟いて
いたがまあ分社といった所か。…
毎日の散歩に欠かせない場所である。

先日所用で出かけた時、タクシーの窓から見えた湊川神社の
大きさに、びっくりした。生田神社もこの近くのはずである。
自宅からどちらもそう遠くはないので、これは今後の
散歩コースとして楽しみが増えた。
生田神社は以前、某芸能人の挙式で騒がれた。

湊川神社は、楠公さんと呼ばれる通り、楠木正成公を
御際神として祀る。社格はこれが「別格官幣社」なんだなぁ。

生田神社は稚日女神(わかひろめのみこと)が祭神である。h
こちらは「官幣中社」だ。太宰府と北野の天満宮も中社だ。
鎌倉宮もおなじ。そして、なんと郷里の静岡県・
井伊谷宮(おんな城主直虎)も「官幣中社」なのだ。
幼い頃「かんぺいちゅうしゃ」という語呂が良くて
「かんぺいちゅうしゃかんぺいちゅうしゃ」と言って遊んだ。

府中市の大国魂神社は「官幣小社」なのだ。生前、夫と初詣の
たびに「ここは随分格が高く見えるのに小社なんだねえ、伊井谷
ですら中社なのに」と繰り返したものである。
因みに「大社」は明治神宮、出雲大社、熱田神宮、 三島大社などなど
である。

神戸には由緒ある神社が二つもあって、やっぱり歴史を感じる。

タグ

2017年4月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ

このページの先頭へ