コンサートツアーin東北と被災地巡り



















「心に花を咲かせよう」コンサートツアー
心の復興コンサートin亘理

10月28日宮城県亘理町の仮設住宅内特設テントおよび
集会所で午前午後2回公演が行われた。

合唱:心に花を咲かせよう合唱団
指揮:山田和樹
ピアノ:寺本沙綾香



新幹線は途中から東北の「はやて」と秋田の「こまち」に別れるため

このような仕様になる。






亘理町に入る。合唱団員は昨日から活動開始。






仮設住宅へ90を超す棟が並ぶ大きな仮設。隣のまた隣のテレビも聞こえるそうで、

子ども達は集会所でないと勉強できない。

ペットを飼える棟は限られている。1年半後に飼い主と再会した猫もいるとか。

商店もある。食事処も、郵便局もある。全部仮設。








巨大テントでコンサートは開始された。150名以上のかたが聞きにいらして下さって、

一同感激。立ち見の方々も。








午後からは場所を集会所に移動して開催。











手作りの折り紙手芸をいただいた。こちらが励まされている感じ。








感動のコンサートも終わり皆と別れて、団員の子ひとりと被災地巡りの旅。

前回は宮城北部と岩手南部。今度は宮城中部である。









名取市のホテルに泊まり、翌日、名取市閖上地区という凄惨だった地区を

見てまわる。







瓦礫は片付いている。所々に取り払われていない建物が、無残な姿を残している。


お寺が2つあった。向かい合っていた。残ったのはこれだけ。ビニール袋に

遺骨の収集袋と書いてあった。







なんにもない!墓地の基礎だけが残っている。雑草だけがはびこって。







日和山
カメラがピンぼけなのがどうしてなのか訳がわからなかった。

おかしいなと思いつつ、旅の終わり近く、ソフトモードになっていたことを発見。

こんなのあったんだ・・・。持って移動しているうちに、あちこち動いて当たったらしい。







ポツンと1軒残ったかまぼこ工場「佐々直」さんとその内部















閖上(ゆりあげ)中学校







あの時刻のまま止まっている時計。

忘れもしない2時46分を指して・・・・







中学生14名が亡くなった。机に寄せ書きが痛々しい。







老人ホームへいく。窓が壊れて入ってきた海水に、老人達は逃げ場を失った。







きれいさっぱり片付いている。瓦礫で足の踏み場もなかったところだ。

そしてその前は、軒を接してひしめき合った平和な住宅地だった。





















仙台市若林区の海岸





防波堤に残る津波の跡





船が難破している。






この空も不気味だ。







法要の団体と僧侶の読経の声がくぐもる。







仙台を後にして、多賀城市、塩竃市へ入る。

いずれも痛々しいほどの傷跡はもう見えない。1年半たっているからだろう。

前回廻った石巻から北の方、女川、南三陸、気仙沼、陸前高田、大船渡は

凄まじく遅れている。あちらはまだ、本当に酷い。



次いで松島町、観光の名所である。

松島町は今年の春訪れた。湾が入り組んだ地形が幸いして、ここは

比較的災禍はすくない。

その松島町を素通りして、被害の大きかった東松島市へ。

小野の仮設住宅を見る。





海側へ出たら、やはり残骸は幾つもあった。



















ここから石巻イオンモールへ。遅い昼食、牛タンを食し、長距離バスで仙台へ。

帰途につく。












東北は福島と岩手北部を除いて、3度見て回った。

一回は青森まで他の用事を兼ねて。二回、三回が本当の意味で被災地へ。

いま復興している途中の様子を見て、その格差の大きさを

しみじみ感じた。

格差の違いより以前に、仮設住宅の期限の問題がある。

ちりぢりになった被災者の帰還問題。

これらの問題点を国としてどう対処するのだろう。

いろいろ見聞して、自分の価値観までもが大きく揺らぐのを感じた。

私達はみんな、被災地を、被災者を、忘れてはならない。



このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年10月31日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:その他 ブログ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ