中学生の純粋なメッセージを戴きました。

嬉しいメッセージが寄せられました。

✲゚。.(✿╹◡╹)ノ☆.。₀:*゚✲゚*:​₀。

(*^^)♡  (♡˙︶˙♡)  (♡˙︶˙♡)




T.H先生から
ズッシリとした、生徒さんが書いたメッセージカードが送られてきました。
北九州市K中学校の生徒さんです。
114枚の色とりどりのB6カードでした。ビッシリ、きちんとした字で丁寧に書かれています。



【光を抱こう】は
「この歌は一生忘れない」「受験生の心に響いた」「メッセージに感動した」
「この歌でよかった」「自分のすべてをみつめ~~の所が好き。自分も見直さなくちゃと思う」「前に一歩踏み出せる」
「この歌に出会えてよかった」
「今までで一番好きじゃないかなと思う」「歌詞に強いメッセージが込められていて何度歌ってもあきない」
「決意することは~~(の所)そこの部分を見ると元気がでる」
(”決意することは~~”の下りは、圧倒的なご支持を戴きました。)
「卒業式にこの歌を歌うと聞いてヤッターと思った」
「山本さんの歌をもっと歌いたい」「ぜったい聞いて欲しい」「山本さんの詩が大好き」
ここに書ききれません。どれも現場のナマの感動が伝わってくる声です。

【心に花を咲かせよう】は今年創部された所で少数部員で歌ってくださいました。
「苦しみの中~~(の所)が印象に残った」
「しあわせは自分で~~(の所)が心にぐっと来て感動した」
などなど、読む度に胸が詰まり、涙が湧き上がってきます。



一枚読んでは熱いものを感じ、次を読んではうるうるし、の繰り返しでした。



生徒さん達の感受性は豊かで、皆がひと言ひと言、詩のメッセージを受け止めてくれていました。
純粋な気持ちが表れていました。
逆にこちらが励まされて、どんなに書く勇気を貰ったことでしょう。



生徒さんがメッセージを書いて、国語担当の合唱顧問の先生が、その思いを
受け止めてカードを準備して下さったそうです。
T.H先生はじめ皆さんの思いが詰まったこのカードは、私の宝物になりました。
きれいな箱に収めて大事に保存しようと思います。



こうして一生懸命になって下さる皆さんに取り囲まれて、
今まで以上のものを目指す事が出来る私・・・。
更にそれを期待して待ってくれる人に囲まれている私って、
何と幸せな人間なのだろうと、ひたすら感謝するばかりです。

ありがとう!みんな!!
純粋な心で私のメッセージを受けとってくれたみんな!!
メッセージを心の糧にして、どこまでも、明るく自信を持って進んで行ってください!!!
私も全身全霊で臨みます。




♪━…━…━…━…━…♪━…━…━…━…━♪

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年11月25日 | コメント/トラックバック(2) |

カテゴリー:その他 日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. R.O より:

    山本先生、こんにちは!
    このメッセージカードを書かせていただいたK学校3年の生徒の一人です。

    「光を抱こう」は私の大好きな曲で、この曲から大切なことを学び、勇気をたくさんもらいました。

    私達3年生は受験生で、今、とてもいそがしい時期です。11月の文化発表会で「光を抱こう」をみんなで歌ったときの感動は中学校生活の大切な思い出の1つとなりました。大好きなみんなと大好きな曲を一緒に歌う、楽しくまた、一生懸命に。練習時間はとても少なかったのですが、本番は、みんなで心を1つにしてとてもよい合唱にすることができました。1人1人が、歌詞を意味を考えながら歌うことが出来たのだと思います。

    私はこの曲を知ることができてよかったです。これから手つかずの明日に向かい、日々頑張っていこうと思います。

    山本先生、これからもお体に気をつけて、音楽で人々に勇気をあたえていってください!

  2. admin より:

    素晴らしいお便りをありがとうございました!!
    メッセージカードを戴いたとき、ほんとに感激しました。そして
    こうしてさらにコメントを戴けて、感極まっています。

    あなたたちの、頑張った証になれるこの歌の存在を、
    私も自分の誇りとして心に刻みたいと思います。

    この歌を書いてよかったと、しみじみ感じます。
    自分自身が手つかずのあしたに向かって、さらに歩をすすめます。
    幾つになっても、この思いは変わらないと思っています。
    人々に勇気を与え、そして自分も負けずに頑張っていきます。
    ありがとうございました。ほんとにありがとうございました!!!


コメントをどうぞ

このページの先頭へ