あれから二年。東北復興コンサートツアー。




























































































































2011年(平成23年)3月11日あれから2年・・・・・。
私も今日の午後2時46分。テレビに流された合図とともに
1分間の黙祷を捧げました。
「あすという日が」と「心に花を咲かせよう」(いずれも私の作詞)で心に語りかけ続けている2年です。
未だに癒やされぬ心と、立ち直れない日常の全て、永遠にケアが必要だと2年経った今の実感です。

その前日、3月10日は復興ソング山本瓔子作詞「心に花を咲かせよう」の
コンサートで仙台と宮古へ行って参りました。

仙台市の旧県民会館、震災後改称し【東京エレクトロンホール宮城】における
「みんなで作る復興コンサート」のためです。

TBSのインターネットラジオ、オッターバのお力添えで、
「みんなで作る復興コンサート2013」が仙台フィルハーモニー管弦楽団の演奏、
松井慶太さん(青森出身)指揮で開かれたのです。
ゲストに宮城三女OG合唱団。
東京からTBS、キングレコード、全音楽譜出版社、の皆様と、
心に花を咲かせよう合唱団団員&スタッフ全員が集結しました。

オーケストラの演奏と共に贈る「心に花を咲かせよう」は初めてです。
我らが合唱団員と宮城三女OG合唱団のハーモニーは衝撃的でした。
荘重で雄大なオーケストラの音。天から降ってくるような響きの
見事な音の調和は、合唱の奥深さと相俟って、圧巻の出来栄えで、
体が震え言葉もありませんでした。

桑折金三氏率いる宮城三女OG合唱団は、私とは古い付き合いです。
数年前に2回、NHK全国合唱コンクールの自由曲詩の委嘱を
受けたことがあり、いずれも全国代表に、一つは全国3位(銅賞)の成績に
なった凄い学校で、私も演奏会などで過去に何度も仙台の(旧)宮城県民会館ホールを
訪れた経緯があります。(宮城第三女子高校は後に三桜高校と改称され、共学となっています)

その「三女OG合唱団」が我が「心に花を咲かせよう合唱団」と一緒に
そして東北大学合唱団の有志の皆様も加わって歌うのです。
私にとってこんなに素敵な嬉しいことはありませんでした。

感動的な共演のあとに、楽屋へ三女OGと桑折先生を尋ねたところ、
私が仙台に来るとは知らず、私宛にメールを2回「これから出演します」
というのと「いま終わりました。大成功でした!」というのを出しでくださったそうで、その直後に、返事のように私自身が楽屋に現れたと大変ビックリなさっていらっしゃいました。



合唱団員のみなさんは歓声を上げ大騒ぎで私を迎えて下さいました。携帯は場内では電源を切っていたのでまだ知らないの、と申し上げたら、またまた爆笑の渦で、私はこうして身体いっぱいで喜びを表現し接して下さる若い人たちに囲まれていることに本当に幸せを 感じました。



数年前に何度もお目にかかった高校生が、より美しいOG合唱団となって、目の前できらきらしている姿をみて、歌って何といいものだろうと痛切に感じました。そしてこういう現場にいられる自分の幸せを思い、次への活力が身体の奥から湧いてくるのを感じました。


私の特製の「心に花を咲かせようキーホルダー」を全員分、後送しますと、
約束しましたらまたまた歓声が上がり大喜びされました。
桑折先生はこの詩の素晴らしさを褒め称えて下さり、「あすという日が」とともに
歌い続けていきたいと、熱く手を握ってくださいました。


終演後仙台を離れて盛岡へ「はやて」で向かいました。
ホテルに荷物を置いて郷土料理の店で一献。
斯くして1日目は終わりました。


2日目は、朝、高速バスで宮古市へ。
盛岡は小雨。2時間ぐらい?かかって、宮古は晴れの強風でした。
体が横に流れて何度も吹き飛ばされそうになりました。
若い子達が周りに盾になってくれても、2度3度転びそうになりました。
これは全国的だったようで、数日前の北海道の新聞記事を思いました。

街には「心に花を咲かせようコンサート」のプログラムが店頭に
貼ってありました。

宮古第一中学でゲネプロ、ディスカッション、リハーサル。
それから宮古市社会福祉協議会会館多目的ホール(別名:社会福祉法人
総合福祉センター健やかホール)で大勢の皆様の前でコンサートです。
タイトルは~平成24年度文部科学省緊急カウンセラー等派遣事業~
宮古市立第一中学校交換コンサート、です。
第1ステージから第6ステージまで、宮古市立第一中学合唱部、
宮古高校合唱部、心に花を咲かせよう合唱団、合同演奏と
大変豊富なバラエティで、子どもたちの力が予想以上に素晴らしく、
胸に熱く湧き上がる思いを抑えることが出来ませんでした。

私は知らなかったプログラム曲目の中には、「あすという日が」の歌も
入れてくださってありました。一つのコンサートに「心に花を咲かせよう」が
「学校のみ」と「合同演奏」と2回・プラス・アンコールではうたの後半を、

そして「あすという日が」が1回という目を見張るようなコンサートでした。
終了後は生徒さんたちに囲まれてサイン攻め。
東北を支援するための音楽会でしたが、逆にこちらが励まされた会でした。

充実したコンサートを終えて、長距離バスで盛岡へそして新幹線の
車中の人となりました。

東北の皆さん!!私達は決して忘れません。
元気を出して、負けないで、一緒に歩いて行きましょう!!!

震災後東北へ赴いたのは、これで4回目、行くほど身近になります。純朴な東北の人びとはいつ行っても暖かです。

まだまだこれからも東北を応援し続けるために何度でも足を運ぼうと思います。



















































このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ