府中第四中学校、春のコンサート ♡ ♡















3月31日、合唱指導者として有名な、横田純子先生の
お招きを受けて、府中第4中学校合唱部の「春のコンサート」を
拝聴し、壇上でご挨拶をさせて戴きました。


全日本合唱コンクール”全国大会”で金賞を戴いた
拙作「火焰太鼓」と、生徒さん達が大好きだと仰る
拙作「しあわせがあつまるように」を含む13曲の
完成度の高い合唱に、地域の皆さんと聞き惚れました。
「火焔太鼓」は官幣大社大國魂神社を抱える
府中市にはぴったりな歌でもあります。


NHKTV「Nコンのスーパー合唱教室」に出演したり、例年
合唱セミナーで模範演奏をなさる程の合唱部です。
その指導者の技量の凄さが、かくも見事に合唱という
芸術をこの高みまで引き上げて結実させるのだと、
感動に震えました。



創作は「無」から「有」を生み出す芸術です。
生みの苦しみを味わいつつ、心のなかから絞り出した
作品を、共感した作曲家の先生方が、これまた
生みの苦しみを味わいつつ、世に送り出すのが常です。
そうして二人の手塩にかけた努力の結晶が、厳しい
世間の評価の海へ船出します。


出版社という安定した土壌を与えていただくご厚意を
忘れることはありません。
ピアノを始めとする、様々な楽器は至高を目指し、
合唱指導者の崇高なセオリーと、合唱団の皆様の
真摯なこころと、美しいハーモニーが加わって、
ここに芸術が完成されます。花が開きます。



その根っこの部分を支えているのだと、思わず
身震いしてしまいます。
コンサートを聞いてそんなことを考えた一日でした。



作曲家若松歓先生もお見えになっての歓談も、
本当に嬉しいひとときでした。

ADAの団員さんも懐かしさいっぱいに、声を
かけて下さいました。



記念撮影のあと、再会したなつかしい生徒さん達といっぱい
握手をしてきました。ほんとにご苦労様。あなたたちの
素直さで思い切りはじけてください!!!!!
そして卒業の皆さんは、高校でも歌って下さいネ!!
再びお目にかかったお母様方にも、皆さんにお世話になりました。


Bさんご夫妻には特に、大変大変お世話になって、すばらしい
思い出作りを助けて戴きました。


道案内の生徒さん、校内を誘導して下さったお母様、
みんなこの日のために、それはそれは一生懸命、
尽くして下さるお姿に、どんなに感謝してもし尽くせない、
もったいない気持ちで、いっぱいです。


私って、こんなに多くの人に支えられ、生かされて
いるのだと、感謝の思いが湧き上がるのでした。
精一杯、良い歌を書いてお返ししなくてはと痛切に感じます。

忘れられない素敵な一日は、心にほっこりと春をくれました。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年4月1日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ 演奏会

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ