校歌レコーディング。神奈川フィルハーモニー管弦楽団。合唱は洗足学園OB・OG。















26.2.24は私が校歌を作詩した大学附属高校のレコーディングでした。

かながわアートホールで。
演奏は神奈川フィルハーモニー管弦楽団。合唱は洗足学園OB・OG。

この一流で新鮮な組み合わせは素晴らしいものでした。

校歌を歌うよろこびが凝縮され芸術の域にパワーアップされて、

力を与えてくれます。



この歌が生徒達の心に染みこんで活力の源になったり、

甲子園予選でうたわれたり活動の礎になると思うと、

学校側の校歌に対する尊重の気持ちがひしひしと感じられて、

改めて勿体ないと思うのでした。





幾つものパターンで吹き込んだCDが、全生徒に配られて

日常の学生生活の中に溶け込むのは、作者はもちろんのこと、

生徒達にもなんと幸せなことでしょう。



そんなことを考えながら聞き入っていたレコーディング風景でした。

 

終了後、洗足学園の合唱団が私の所に来て下さって、

『僕たちはNHK紅白歌合戦で秋川雅史さんと夏川りみさんの

バックコーラスで「あすという日が」を歌いました』

『こうしてお目にかかれるのは嬉しいです』

とのサプライズにまた新たな感動がありました。




打ち上げは韓国料理の凄く美味しい店で・・・。

そこでも神奈川フィルのメンバーの中に「あすという日が」の

ピアノ伴奏をしたひとがいて、しみじみと嬉しい交歓のひとときでした。



















このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ