平成27年4月から使用開始、文科省検定・新音楽教科書に【あすという日が】














教育芸術社から27年度更改の文科省検定・新音楽教科書が
送られて来ました。
その中に私の作品も載せて戴いております。
平成27年4月から使用開始です。(ワンクール3年のようです。)

「小学生の音楽6年生」
【あすという日が】《八木澤教司曲》です。
この歌は東日本大震災の折り、仙台の中学生から発せられた
合唱曲で、全国に広まった歌でした。
東北地方の皆さんには、大変深いご縁をつなぐことになり、
被災者の皆さんに寄り添ってきました。
いまも毎年文科省のスクールカウンセラー事業の中で
東北地方を巡回する歌の一つでもあります。
秋川雅史さんと夏川りみさんがNHK紅白歌合戦で
歌って下さいました。

その歌が教科書に取り上げられたのです。

6年生の旅立ちにあたって、『明るい未来と
希望を胸に、力強く生きていくのだという思いを
後押しする役目』を担わせて戴きました。

ほんとに名誉なことで感動いたします。
皆様のお心に寄り添っていつまでもこの歌が
生き続けてくれることを願ってやみません。
ありがとうございました。














************
今までいろいろな出版社で文科省検定教科書に
取り上げられました。
これらの歌で育った子供達が世の中に
いっぱいいることが、不思議な気持ちです。
笹舟
もしもコックさんだったなら
ひみつ
ありがとう(道徳)
出発するのです(国語)
年賀状(国語)
その他文科省検定でない指導書、副教材等
は割愛します。



















************

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ