「雑草の章」取組中で~す。













こういう励みになることによって、私は動かされるんです。
「雑草の章」のリクエストを受けて、現在、中途で頓挫していた
楽譜の保存を再開しました。デジタル保存です。
スキャンして、フォルダ分類整理して、保存です。
(1フォルダ1曲4~20ファイル平均)


保存は2TBの外付けHDと1TBの持ち歩き可能なHD2つへ。
その上さらにクラウドコンピューティング。
クラウドもこの前事故が起きた会社があったから、
100%信用できません。で、身の周りにこれだけ
備えておけばいいでしょうというわけです。
コンピューターって、ホント信用できませんものね(嘆!)



あ、これは現代の作品については、まだいたしていません。
作曲家の諸先生方、合唱団、音源の出版・レコード会社
いまはみなさま電子脳でいらっしゃる上にデジタル化
していますから、なにも私如きロートルがしなくても、
終生、記録は残りましょう。


往年の名曲を探していられる方の、必死の思いに応えるべく、
物故作曲家の出来なかった思いを、わたしが代わりにして
いるのです。
数がやたら多いので、少しずつ、どれほどかかるか・・・
ま、こつこつと・・・・



今度の投稿者の弁。2度目のお便りから。
【詩集アマゾンで注文しました。(略)
今まで色々な曲をきいたり歌ったりしていますが、
「雑草の章」はインパクトNo.1です。
一言、かっこいい。
中学生だった私にとって、どの曲よりも
本当にかっこよかったんです。
もちろん音やハーモニーも素敵ですが、歌詞。
力強く、ひそやかに、でも堂々と。
自分の力で生きることに輝きがあると教えてくれました。
思春期の自分に一本の筋を通してくれた気がいたします。
今、ちょうど同じ年の娘が、秋に学校で開催される
合唱祭の曲の候補を見ています。
本当はこっそり「雑草の章」を洗脳して歌ってほしいですが(笑)】



本当に本当に嬉しいです!!!。





















****************************************************

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ