【「2分の1成人式」10歳のありがとう】というCDに「あすという日が」


















【「2分の1成人式」10歳のありがとう】というCDが
10月8日発売になります。
小学校に「2分の1成人式」と言って「成人式の2分の1」つまり
10歳になったときに、子どもの未来を考え、親に感謝し、
心を育てるという新しい行事が伝統化されました。
それを新らしい門出にするといいます。



東京都内の小学校では10年位前からこうした式をする学校が出始めました。
2002~2004年度に発行された小学4年の一部の国語の教科書に
「2分の1成人式」が取り上げられたことがきっかけだそうです。
記念式では、子どもによる感想・意見の個別発表、保護者による
メッセージや手紙の贈りもの、合唱披露などが行なわれます。
タイムカプセルに未来の自分への手紙とか、写真その他を入れ
校庭に埋め、10年後成人式の日に開けるそうです
他に合唱や群読、将来の夢の発表、親子で手紙の交換などをしたり
自分史づくりや保護者からの歌とアンサーソングを返したりします。
発祥の地は約30年前の西宮市と言うことです。



「十歳式」、「半成人式」と呼んでいる地域もあって、これにより
お母さんの大切さや家族の大切さがわかったり、今まで色々
してくれたことのありがたさがわかるのです。



私の「あすという日が」が2012年に東京都の「2分の1成人式」でも
使われました。
その折り先生方と4年生の子供達へ,この歌をもっと理解して
頂くためのメッセージを託しました。

http://poem-poem.jp/Senses/senses004.html

に書いてありますから良かったらご覧下さい。







******************************************************************

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年10月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:CD ニュース ブログ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ