詩集「あすという日が」

今日7月14日(木)アスコム社より

「詩集・あすという日が」の本が出来て参りました。

表紙はきれいな青空の写真です。本を大事に取りあげると

、掌の中の青空は、どこまでも拡がっていきます。


   

じっと見つめていると、心を吸い取ってくれるようで、

その先には苦しんでいたものを強く支えてくれる、

明るい未来を感じます。思わず涙がこみ上げてくるような、

素晴らしい表紙です。 



       

私の過去7冊の出版の時には、味わったことのない

厳かな思いでした。

じわっとこみ上げてくる感懐は、どこから来るのでしょう。

大震災という重いものを背景に背負っているゆえと思います。

涙もろくなっている私です。

思わずこうべを垂れて押し寄せてくるものに祈っていました。     



  
折しも今はお盆の時期、旧暦の7月15日といっても

時期・期間は地方によって異なります。

7月または8月の13日から4日間。

私のふるさとは7月でしたので、

東京に住んでいても7月に行います。

亡くなられた方の冥福を祈り供物をささげ、

供養をするに相応しい時期でもあります。 



   

アスコム社より出版した「詩集・あすという日が」の本の中身は、

昔から歌われて来た歌などで構成されたものが殆どです。

でもその中から、   



明るい未来を手にしたいと願う人々を応援したものを集めました。



7月21日ごろには書店に並びます。

7月25日ごろには全国的に出回ります。

どうかささやかな言葉の集まりに、

ひととき和んでくださいませ。





このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年10月12日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:詩集

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ