海外支援に感謝するコンサートプログラム「あすという日が」

サントリーホールの友人が

11月8日のプログラムを送ってくれました。

 

~世界が日本に差しのべた支援の手~

実行委員:安藤忠雄、小澤征爾、森英恵などなど

 

プログラム:バッハの「アリア」・「アヴェマリア」・

ラフマニノフのヴォカリーズ及び

「ピアノ協奏曲」・スパーク「陽はまた昇る」・

「アメイジング グレイス」・「あすという日が」・

「友だち」・チャイコフスキー「交響曲」・

「ふるさと」「上を向いて歩こう」

 

司会の野中ともよさんが涙声だったとか。

 

構成表を見た所「あすという日が」のピアノは

小山実稚恵さんと書いてありました。スゴイ!

 

それと、この豪華メンバーを見て下さい。

 

世界中の人々が、みんな胸を痛め、

心からのお見舞いの辞を、呈して下さっているのです。

 

ありがたいお言葉の数々に、改めて胸が熱くなるのを

覚えました。

日本はどんなことがあっても、へこたれません。

明るくまっすぐ未来を見つめて、しっかりと

歩んで行きます。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年11月12日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ