筍の季節です

季節は移ろい、あっという間に過ぎていきます。
寒い日、暑い日とくり返して行く内に、
もう桜は新緑に衣替えして、さ緑色は次第に
濃くなっていきます。


年と共に、その早さ!!
いつも追いかけられているような、まるで
強迫観念に襲われているような感覚です。



しかしその恐怖と不安から、焦って何かを
しようとしても、多くは空回りに終わるでしょう。
計画通りにできなくても、自分を責めては
いけませんね。
多くを望むのではなく、足りないことで満足したいものです。




友人が那須の竹林でとれた孟宗竹を沢山下さいました。
とても柔らかで甘味のある極上の筍を毎年戴きます。
朝堀の筍を戴いたので、米ぬかで茹でました。




竹の旬と書く「筍」は10日間を意味する「旬」から来ているとか。
竹の地下茎から出てくる若芽の勢いを食して、元気を養おうかと・・・。
筍にうっかり帽子を掛け1日たったら取れなくなったということもあるそうです。
さあこれから毎日いろいろ楽しみです。





 

 

 

 

 

 
まず筍ごはんを炊きました。今日は椎茸と人参、ゴボウは使いません。
鶏肉と油揚げ、エノキだけにしました。




 

 

 

 

 

 

 

筍のお刺身


 

 

 

 

 

 

 


生ハムと青梗菜のサラダ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年5月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ